特許権信託では信託だけでなく安全管理もされるようになる

ユニークな信託には、特許権信託のようなものもあります。何故ユニークなのかと言うと、特許権を保全し管理するためにも利用できる信託だからです。信託そのものの目的については、投資信託をすることで利益をあげると言うのが狙いになっています。

これにより、委託者から資産を預かっている受託者は、委託者の目的である資産運用が行えているので、会社としての建前と手数料を頂けるようになっているのです。
会社としての建前と言うのは、忠実である義務を果たしているかどうかです。

つまり、忠実に資産を運用されているかどうかについても、法律上で信託会社においては徹底した管理や運用をしなければならないとなっています。これが果たされていると、次いで資産運用で発生した金銭を元にして手数料を頂けるようになっているのです。

しかし、運用については利益ばかりを追っていないといけない訳でもありません。
例えば、特許権信託では資産の運用だけでなく、権利侵害からの保護や効率的な管理についても対応しなければならないのです。特許については、場合によっては特許利用を特許について知らない相手が行うと言うケースもあります。

そのような場合には注意などを促すなどの対応が必要ですし、また、このような対応については個人で対応する場合には限界が発生するようにもなっています。その為、利益以外の目的で特許権信託については財産の運用が出来るようにもなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ