正しい資産の管理に繋がる管理が分別管理義務

今では、信託と言うのは分別管理義務で管理がされるようになっています。信託については、預かっている資産を運用するのが目的です。ですが、現代では資産と言っても一言で表せないほどに種類が豊富となっているので、分別してしまうのも大事なのです。

例えば、証券や取引をされている金融商品については、扱いについても時間がバラバラとなっている特徴があります。証券については、評価が一定のままで変化しないものが多いとなっていますが、金融商品で取引がされているものについては、即時で大きな変化となっているものもあるので注意しなければいけません。

また、今ではそのような資産運用についても信託会社で対応するものとなっています。それもあるので、分別管理義務については信託会社にとっては願ったりかなったりと言った対処方法となるのです。

先ほどのような資産運用では、分別して行うわけなので片方の信託については、完全に別のシステムで管理されるようにもなっていたりします。リアルタイムで変動するようなチャート機能によって管理される資産もあれば、最初から委託者で設定されている運用方法に従うと言う仲介対応まであるのです。

また、すぐにどのようにして対処すればいいのか不明とされているものの分別管理については、保留としておき最終的には一任される形で信託会社にて処分すると言う方法まで存在します。信託会社だけで行うわけでもないのが分別管理義務の特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ