併営業務などの業務を行うのが信託銀行の特徴

銀行と言えば、通常はお金を預かったり貸したり、有価証券の売買を行ったりするところですが、信託銀行というと同じように通常の銀行の業務も行う他、併営業務も行います。併営業務とは不動産の売買仲介や鑑定、証券の代行業務、遺産の整理や管理など、これらの財産の処分や管理を行うことです。

ただ管理処分を行うのではなく、財産を持っている人からの依頼を受けて、その財産を管理していきます。信託銀行は、もちろん通常の銀行と同じようにも利用できます。

ただし財産管理もしてくれるので更に一歩踏み込んだ相談が出来、不動産や金融商品両方の運用相談をする、自分の持っているマイホームを売却依頼する、持っている土地の収益を相談して、どのように活用すればいいか相談する、などのことが出来ます。

また遺産についてもいろいろと相談できます。遺産の整理や将来を見越して遺言をどのようにするか決めたいなどの時に利用できます。

特に自分で遺産整理をすると、手続きが複雑だったり、相続人が遠方にいてなかなか会えなかったり、相続人が多くて整理が大変、遺産が沢山あって一つずつ整理するのが大変、などのときに信託銀行に相談すると、これらの問題を解決してスムーズに遺産整理が進められます。

さらには相続人を決める、相続する財産を調査する、遺産を分割する、貯金や有価証券や不動産などの名義変更、相続性などの納税についてなど、これらのことも相談に乗ってくれます。まさに自分の持っている資産をスムーズに次世代に残す手助けをしてくれるところなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ