有価証券運用信託を行う場合の特徴とメリット

信託の一つとして有価証券で行う方法があり、これを有価証券運用信託といいます。これは多くの個人から資金を投資信託会社が集めて、その収集された資金を株や債権で運用していくことです。運用はファンドの専門家が行い、これによって得た利益を、資金提供してくれた個人や投資家に還元するのです。

運用元となる株や債権は国内だけのものに留まらず、海外市場で運用することもあります。運用は専門家が行うので、個人では限界のある市場の情報分析やこの先の市場の流れを経験に基づいて予測することも出来るでしょう。

また投資家や個人は小額の資金からでも投資を行うことが出来、それぞれの額は少数ですがそれが信託会社に集まって、大きな資金となって効果的に運用出来、資産を分散投資してリスク回避可能です。リスクを分散するので、例えば一つの投資先で損益が出ても、別の投資先でカバーすることも可能になるのです。

投資先の商品は沢山あり、債権を中心に行うもの、国債や社債を中心にするもの、株式を組み入れて行うものに分けられます。特に株式を中心にしたものがリターンも多くリスクも高くなっています。

いくつか種類があるので、個人や投資家は自分にあったものを選ぶことが可能となっているのです。ただし専門家に投資するといっても、市場は予測のつかないもので、必ずしも利益になるとは限らず、損失が出ることもあります。そのために、元本は保証されて折らず、投資資金が減ることも覚悟しておかねばなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ