アメリカの国債はアメリカ国債となっている

アメリカも国債を発行しており、アメリカ国債とそのままの名称が採用となっています。また、日本のものとの違いはあってないようなものです。ただ、日本のものと違ってアメリカの国債については全世界で利用されているという特徴があります。さらに日本のものとの大きな違いについては、次のような点で違いがあるのです。

まず、アメリカ国債については日本のものと違って財政事情に関係なく出されている特徴が挙げられるでしょう。国内の場合、ある程度までで出す計画のようなものがあって発行されているのですが、アメリカの場合には発行をしても世界中で取引がされているので、売買量についても世界一となっている特徴があるのです。

日本の場合、そのような意味合いでは発行されてませんが、2つのものを比較すると特に違う点についてはこのような扱いで違うとなっています。
次に、財政資金の為だけでなく国の活性化としてアメリカ国債については発行がされています。

日本のものは決まった量で出されるのですが、基本的には財政事情も鑑みて発行については決められるようになっているのです。

また、日本では長期国債のようなものと短期国債のようなものがありますが、アメリカでは長期的に国債を取り扱うケースが少ないでしょう。この点については、短期的に経済の変動を狙い発行されるケースもあるのでこのようになっています。つまり、長期があるかないかで大きな違いがあるという風にもなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ