債権についてはアンダーパーやパーを繰り返す

日本でも債権が出されていますが、基本的にアンダーパーとパーを繰り返しています。と言うのも、一時的に大量に発行されるタイミングというものがあるからです。

これは国が狙って国債を発行しているので、債権を購入されている人であれば、パーなどを繰り返す流れについては、自然とわかってくるようにもなっているのですが、基本的に大量に出る場合には、案内も行われるようになっているのです。新聞などでは、そのまま国債が大量に発行されるという形で、記事についても作成されます。

また、どのような理由で国債が発行されているのかについては、発行している側からの案内分しかわかりません。一般的に国債は財政事情を鑑みて発行されるようになっているので、その点のみ理解していれば、アンダーパーなどについては避ける事も可能でしょう。

例えば、パーの状態からの発行が該当します。
基本的に債権と言うのは、安定感のある投資の対象として親しまれているものです。なので、国にとっても安易にパーやアンダーパーを繰り返すというのは好ましくありません。

その為、オーバーパーという状況についても、存在するように工夫がされています。問題は、このパーやオーバーパーのタイミングで、国債を売り抜けられるかどうかとなってきます。やはり、オーバーパーのように、利益が確定しているタイミングでやめられない場合には、長期的な国債ではアンダーが出てしまうケースも多くなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ