一般債もあるので債権は多種類となっている

日本で債権と言うと、日本国債以外で何があるのかが明確でないケースは多いです。しかし、今ではネットでトレンドの証券については、証券会社などからも案内が出ているので認知度については高まっています。一般的に日本国債以外で知られるようになった債券では、社債や地方債があります。

これらについては所属している企業や団体によっては、定期的に取り扱う債券となので現代では馴染みが深いです。また、債券と言うのはそもそも経済事情などによって発行されるという意味合いが強くなっています。しかし、そうではなく経済活性化など別の目的も含めて発行されている債券もあるのです。

先ほどの社債と地方債については正にそのような特徴を含んでいます。一般債として多くの人が取り扱えるようになっているので、決まりきった量でしか購入がされないわけでもありませんので、上手く発行をする事で活性化にも繋がるでしょう。

また、その他にも投資法人債などもありますが、近年では証券会社などで発行されている証券の方が利用率は高いので余り利用されないようにもなっているのです。投資法人債については、そのままですが投資に関しての法人債というようになっています。

つまり、決まっている相手で取り扱いがされるようになっている債券なので、一般債ではあるのですが制限も設けられている債券なのです。債券には、一般であってもこのような債もあるので知られているものもあれば知られていないものも多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ