特殊な債券には一般担保付社債のようなものもある

債券というと独自のルートで出されている意味合いが強いものです。日本国債が最たる例なのですが、日本国債でもそうですが国に関する債券については国の借金のような形で発行されているケースが多いです。金融事情などが余り明るくないような状況で、一時的に出されているものとしても国債は知られています。

つまり、国債というのは個人ではなく、法人以上の存在が発行しているものとして認知するのが正しいのです。しかし、個人レベルに近い一般担保付社債というものもあります。本来の債券については、発行体とされている存在で発行が出来るようになっています。

しかし、一般で担保を付けられる社債となっている債券については、社債権者で債券分のリスクが充当となるように設定されている債券なのです。本来であれば、会社などの法人を対象として債券については発行体からで出されています。

しかし、一般担保付社債の場合では社債権者が社債の対応を行う会社を含めて全財産により発行を行うとなっているので、実際の責任についても社債権者を含めるようになっているのが特徴です。

つまり、保有されている財産の全てを使って出すようにする訳です。前述した国債などについては、必要な分で発行がされるのですが、一般担保付きの社債については上限が定まっている上で発行がされるので、場合によっては大量の発行がかかるケースもあります。それが通常の債権との大きな違いになっていたりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ