永久国債として国債については信用もされている

国債は日本が国庫債券として取り扱われている特徴があります。また、このような解説が国からもされているのですが、基本的に債券については運営が成立するようになっているので、時として大量発行も可能です。

わかりやすくまとめると、永久国債という仕組みがあるので多くの債券保有者については、安易に債券については手放さないようにされていたりするのです。これを通常の債権と比較すると、国債については永久で国債となっている債券なので、償還期限(満期)が定められていないと言う点で、大きな違いが発生しています。

逆に通常の債権の場合には、投資を継続していく上でのリスクもあり、人によっては安定性に欠くので利用をやめられる可能性もあります。こちらについても、永久で国債としての機能が存在するようになっており、しかも発行体である国が存続する限りは、永久に利子が発生すると言う強みまであるので人気なのです。

一般の債券だけでなく、株式投資などとも比較されると一層区別が付きやすくなります。株式投資については、将来的なリスクについては信託されている信託会社であったり、もしくは代理で売買をしているトレーダーであったりが、対応をしないといけない風に決まっています。

しかし、永久国債については将来的なリスクについても国で預かっている形をとっているので、本人のトレーディングスキルなどに左右されずに利益が確定している債券でもあるのです。その分だけ大きな利益についても上がらない仕組みがあったりもします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ