高い格付けとして扱われているエージェンシー債

今では、国際的な格付け機関のようなものも存在しています。このような機関については、単純なランキングを行うだけでなく将来的なリスクについても考慮した上で、正確な格付けをするように工夫がされていたりします。

また、この格付けについては団体や企業だけでなく、発行されている商品や証券などといったものに対しても行われているのが、ランキングといったものと比較しても大きな違いとなっていたりするのです。

証券の場合、エージェンシー債で特に評価が行われています。と言うのも、一般的な取引と比較するとエージェンシーであればあるほど、債券の評価などについては高く設定がされるからです。この債については、通常の債とは違って世界に対して発行されているグローバルなものとなっています。

政府機関により発行がされるようになっているのですが、国によって同じエージェンシーの債であっても評価は違ってきます。例えば、先進国のエージェンシーによる債であった場合には自然と高い格付けがされるのですが、この債券については基本的に低い格付けがされないようにも工夫がされていたりします。

と言うのも、ブランド商品のように発行される枚数についても最初から定まっている債券だからです。つまり、この特殊な債券を出す側についても、債券がどれだけで保有されるのかを予測し発行しているので、突発的に発行される一般的な債券とは別物として、高い評価に繋がりやすい債券としての特徴も有しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ