中間の債券に位置するエクスワラントという債券

企業が発行する社債についてはエクスワラントのようなものもあります。一般的なものでは、そもそも利息が高いという面で購入者である保有者が得をする部分が用意されています。これにより個人や団体が社債を保有してくれるので、全体リスクについても緩和が出来たりするのです。

しかし、それ以外にも絶妙な利益や損失で成立しているものも存在します。
それがエクスワラントで、今ではこの名称だけでなくポンカス債という名称でも親しまれている債券です。こちらは、前述の通りで保有をされていると利益の配当についても受け取れるようになっています。

しかし、ポンカス債については今ひとつの利益しか獲得できないようになっているものもあり、玄人によっては利用価値のある社債であるのが大きな特徴となっています。
何故このようになっているのかについては、企業側で発行できるタイプのものではエクスワラントのようなものしか最終的には残らないからです。

他にも、最初から決まった利益で保有者を募るタイプのものもあるのですが、一般的に知られているものではなく開放先が主に決まっている方の社債となっています。

こちらについてはポンカス債よりもさらに利益が小さくなっているものなのですが、発行枚数と保有枚数が多くリスクについても意識されている債券となっているので、利用される保有枚数の多さの分だけ安定して利益が上がるという強みもあります。転換社債とされているものが、前述した社債の形式で発行されるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ