日本国内の通貨による支払いは円貨建て債券になる

日本で発行されている債券でもそうですが、基本的に債券については通貨と同じもので利子や償還が行われるようになっているという特徴があります。なので、日本の場合は円貨建て債券という名称が正式ですが、円貨建てについては日本で流通する円のみで利子や償還について行われているのを表しています。

また、原則として円貨建てのような仕組みは、特に指示がない場合には後になって変更とならないようにもなっているのです。

例えば、聞いたことのない債券では、外国の通貨で購入をしなければいけないとなっていませんし、海外に常駐している企業などの発行する債券についても、その国の通貨に対応させて債券の発行をするという風になっているのです。

つまり、その国に在住している人民にとっては取引上でストレスがないように工夫されているというわけです。また、これについては投資の全てで適用している訳ではありません。例えば、FXや別の金融商品であった場合には、為替などの相場変動に合わせないといけないので、購入の際には外貨の獲得が必要であるケースもあります。

また、円貨建て債券のような仕組みにはなっておりませんので、相場変動によるリスクについては多少のリスクを覚悟していないといけませんし、管理についても自身でしなければいけないという特徴もあります。近年では、円貨建てのような特徴をもった運営が可能な信託会社も存在しているので、一定の手数料で日本円換算の取引が出来るようにもなってきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ