縁故地方債は自治体が発行する債券となっている

債券には、縁故関係にあるもののみしか保有できないものもあります。また、このような券については、何も利益や利子が前提として発生するのを保証しているものでもありません。なので、関係者において保有がされている債券については、付き合いも兼ねて発行されているものも存在します。

例えば、地方自治体が発行している債券は縁故地方債とされ、縁故関係にある特定の人物しか保有は出来ない地方債となっています。しかし、必ずしも利益が上がるのかについては不明です。国債とは違って、保有をしている事で利子については発生するようにはなっているのですが、国が発行している国債とは別物だと判断された方が良いです。

国債については、長期的な保証を含めて長期的な利子についても保全がされるように工夫がされているのですが、地方債については新興に関する債券のような特徴があるので、終始において高い成果をあげない可能性もあるのです。

それもあり、そのような背景を認められる職員といった関係者に対して発行がされています。また、縁故地方債については2003年度からは別の名称に変更となりました。今では、「銀行等引受地方債」と呼ばれています。

また、地方自治体が発行している債券である点は同じなのですが、銀行や保険会社、または地方共済組合などが対象となっている債券もあるので、地方自治体に限定して発行がされている債券でもなくなっているという変化もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ