円建てには強みがあるので円建債券が多い

現代では国外からも利用されている債券に日本国内のものが増えてきています。また、発行体になっているのは日本政府や日本の企業だけではありません。というのも、現代では円建債券を知って海外からで発行体になっている企業も存在するからです。

海外からでというのは、日本には居住されていないが海外からで発行をしている発行体という意味です。現代の取引においては、このような国外対応のサービスが増えているのです。

券そのものは、基本的にはその国の通貨による取引がされているのですが、日本の通貨については安定性が高く、また金利においても低金利という強みがあります。これがあるので、海外が発行体となり、低金利の通貨で発行されているケースがあるのです。

また、サムライ債やサムライボンドと言われているものについては、大きな特徴として投資家を対象としている特徴があります。と言うのも、現代では将来の生活保障として取り入れるだけではなく、一時的な投資目的で運用される個人や法人が増加しているからです。また、対象は日本国内だけではなく海外の投資家も含めています。

現代においては、このような円建債券だけでなく、新興のケースでも海外の政府などで出されているものがあり、日本だけでなく海外でも投資対象となる債券は多く存在しているのです。円建債券については円建てで発行されている点が大きな特徴ですが、国債だけでなく地方債や特殊債などでも取り扱いについてはされるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ