債券投資の儲けは応募者利回りで判断する

債券投資にも利回りが存在します。本来であれば、何%などといった表記がされているものですが、株式投資とは違いどのような変化があるのかについては明確ではなかったりするのです。

その代わりに、応募者利回りという単位も存在するので、実際の儲けなどが気になった場合については、こちらで関連情報を把握してから判断をすると良いでしょう。また、通常の債券とは違い満期まで保有している必要があります。

従来の債券投資については、利益が決まった期間で確定となっているのですが、応募者利回りの場合については確定利付証券に応募した人にとっての利益で決定がされます。通常の債券投資とは利益の確定が違っており、購入から償還期限とされる満期日まで保有をしているかどうかで扱いが違ってくるでしょう。

また、こちらに同意の上で投資をするものとなっているので、後になって別の債券のような投資方法に切り替えるということは出来ません。ただ、応募者利回りは利益についても大きなものがあるので、一般的にそのような対応をされる人もいなかったりします。

利益については、受取利息という従来の利息が発生するものもありますが、他にも償還差損益についても合計されるので、応募者の利回りで特別なものは後者の償還差損益という風に解釈するのが正しいという風にもなっています。こちらの合計額については、投資元本に対して何%の利益であったかという判断にも用いることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ