債券はオーバーパーになるものを購入する

券は債券価格が常に変動する形で設定がされていきます。また、変動していった際に額面が購入当初と同じであった場合にはパーと言い、パーが等分の扱いとなっているので、額面が上がったという場合にはオーバーパーとなるのです。

それと、下がってしまった場合にはアンダーパーと言い、パーという単語を知っているだけで券の価格の動きが追いやすくなるでしょう。
ここで重要なのは、額面が上がりやすくも下がりやすくもないという特徴です。有名なものでは日本で発行されている券がそうです。

日本国債がそれにあたり、大きな変化については少ない特徴があります。また、そのような背景もあるので基本的に取引を行っていてアンダーパーが続くという風にもなっておりません。つまり、将来的に幾らかの利益による還元を得たい場合、券を利用した投資については相性が良いと言えるのです。

しかし、これは一般的な考え方でしかありませんので、日本国債以外の債券投資がどのようになっているかは不明です。一般的に債券投資で儲ける場合には、次のような判断も大事になってきます。1つは、債券投資では特殊債などの特殊なものを安易に用いないと言う事です。

簡単なように感じますが、オーバーパーが出やすい債券は安全だと思ってしまうので注意しなければいけません。もう1つは、利用者の多い債券を用いるということです。株と同様で利用者が少ない場合には、アンダーやオーバーが出やすい傾向にあり、これは債券投資も同じとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ