買入償還により不要な債券は売却が可能になる

株と債券との大きな違いでは、買入償還を行ってもらえるかどうかで違いがあります。まず、債券については不要なものをセカンダリーマーケットを通して消滅・失効させることが出来るようにもなっています。

つまり、不要な債券については持っていたくないのであれば、市場に流通させる事で保有状態を終わらせる事が出来るようになっているのです。また、これは債券の大きな特徴です。と言うのも、他の投資において保有されている証券や金融商品については、リスクを前提として投資を行っているからです。

リスクが前提であるという点については、取引の説明において明らかにされるのですが、その際に不要な証券などが発生しても債券のように処分できるのかについては、不透明になっているところがあります。つまり、不人気になってしまった金融商品については、市場に流通させられるかどうかが不明なのです。

所持しているだけで損が発生するものもあるので、これが投資におけるリスクとなっています。しかし、初心者が投資をする上で取引がこのようになっていると問題も多く発生するので、債券では処分についても、セカンダリーマーケットで可能となっているのです。

これについては、買入償還で案内されているものがそうなのですが、債券の一部または全部を対象として流通させる事が出来るようになっています。ただ、全部を必ず処分できる訳でもなく、順序を追って処分というケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ