利益追求を可能とする為に買入消却がある

債券はどのようにして儲けが出るようになっているのかについては、買入消却について知っておくと仕組みがわかりやすくなります。まず、一般的な債券投資による儲けについては、保有されている状態で額面が上がる形で差益が出るようになっています。

他には、償還期限(満期)まで保有をしている状態で償還に応じると、それによっても儲けが発生するようになっているのです。前者については、額面が実際に上がっているので差益による儲けがわかりやすいです。

また、後者についても最初から償還というものが債券では決まっているので、利益になる点については不思議なものでもありません。しかし、どうして償還が可能となっているのかの仕組みについては謎だったりもします。

ですが、この償還については利益を追求しやすくする為の買入消却というものがあるので、債券においては利益の安定性が図られていたりもするのです。
具体的には、買入消却をする側が購入者である債券の保有者から、償還に応じる際には利益分の支払を行います。

また、その後の所有者についても移譲しているのですが、ここで大事なのはこのような行為をしている側は、利益を追求しやすくする為にこのような行為をしているという点です。

つまり、その後については市場流通をさせる形で更に処分をしてくれるようになっているのです。これにより1つの債券がずっと市場に留まらないようになるので、需給についても安定し利益についても発生しやすくなるという訳です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ