外貨による所有を行う場合は外貨建債券となる

債券を所有する場合、株式投資と同じで何かしらの方法で購入を行う必要があります。また、債券でもそうですが購入の際には通貨単位での購入となっているのです。例えば、日本国債などであれば円建てで購入となるのですが、何も円建てでなければ購入が絶対に出来ないという風になっている訳でもなかったりします。

例えば、外貨建債券というものもありますが、こちらについては先ほどの円建てではなく外貨による購入となります。また、円建てでも外貨でも同じ部分はあります。それは購入と売却については同じ通貨を必ず使用するという点です。

これについては、株式投資やFX取引のような他の投資でも同じようになっているので、基本的に通貨のやり取りについて実際に行うものは同一であるものを採用するとなっているのです。外貨建債券のメリットについてですが、メリットもデメリットもありますので両方とも知っておく必要があります。

メリットは何と言っても、外貨であれば為替による変動があるので、日本円が大きく下がっている場合や動きが少ない場合には、債券投資にしては利益が目に見えて出るという点です。債券は大きく動かない特徴があるので、外貨建債券については特殊なものとして投資をする必要もあるものの、このようなメリットがあるのも事実です。

ただ、メリットはそのままデメリットになるので、為替の変動が大き過ぎる場合には変動によるリスクを推し量るのが難しくなる、というデメリットについても発生します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ