期限前償還条項付債券は繰り上げ償還が出来る

期限前償還条項付債券とは、コーラブル債とも言われ、発行者が予め決められた日の償還可能日に、投資家から債権を買い戻すことで、繰り上げ償還できる権利が付いたもののことを言います。

債権の償還可能日に繰り上げ返済する権利を持つ代わりに、権利を持たない同じような債権よりも、リスクを投資家が背負うので、利息が高く設定されているのです。発行者がこの債権にかかる一連のスワップを売ることで、他の債権よりも高い利息を実現することが可能となっています。

発行元は、償還可能日になると、支払い金利が発行したときの金利よりも低くなると償還しますが、投資家の方では自分の保有する債券が期限前に償還されるかどうかについては、権利の行使日までは分からないようになっています。

投資家にとっては、金利が上がっていく場合には、発行元が期限前に返却しないために、より高い利益を逃す可能性があり、逆に金利が下がっていく場合には、発行元が債権を買い取る可能性があるために、高い運用益を受け取ることが出来なくなってしまうのです。

金利や通貨のオプションを組み合わせれば、投資家にとっては様々なデリバティブ商品を組みあわせることになり、色々な種類の債権を生成して持つことが可能であり、その仕組みは複雑になりますが、投資家にとっては有利なクーポンを得るられるようになります。ただし買い付け時には条件の内容や、自分にとってのリスク許容の範囲を判断する必要はあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ