期中償還は満期前に償還して負担を減らす方法

投資などでは発行者は投資家に債権を購入してもらって、いずれいつかは償還しないといけません。通常は決まった期日の満期になると償還するのが通常であり、発行者からお金が戻ってきます。しかし、満期に一度にお金を返すと、それだけ金額が大きくなり負担が増える場合もあります。

そのようなときには期中償還といって、満期までに債権の一部を返しておこうというものです。これにより発行者の負担を分散して減らすことが可能になります。

ただしその償還には条項が設けられている場合もあり、投資信託の場合なら、ファンドの運用する資金が一定の水準を下回ったとき、株価が一定の水準を上回ったときなどのように決められます。債権の場合には、発行者の都合で返還できるコーラブル債など、または特定の条件を満たしたときに行われるリンク債やノックイン債などがあります。

期中償還は比較的に高い利回りが期待できるというメリットがありますが、株価などに連動している場合は、投資額を下回る水準で返還されると損益が発生してしまう、相場などが下落し続ければ大幅な損失を出すことになる、債権に設定された条件や仕組みなどによっては、元金が無くなってしまうというリスクもあるでしょう。

また期中償還とならずに、当初と予想とは違ったりすると、長期間にわたって、低い利息しか受け取れないということも起こります。このために購入する場合には、償還時の条件などを考慮して自分の目的にあわせて購入しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ