クーポンは債権で定期的に支払う金利のこと

公共機関や銀行や企業が投資家から資金を借り入れて集める場合に、発行する証券証書が債権です。通常の借入れと違い、発行された債券は、国内や国外の市場で売買されます。新規に発行する場合を新発債、発行済のものを既発債と言い、それは市場に流通しているのです。

債権には円建てのものや外貨建てのものや両建てのものなどいくつかの種類があり、借入れなのでそれには利息が付きます。投資家が購入すれば、利息を支払わなければならず、その金利をクーポンといいます。

支払いは、半年ごとの年2回支払われるのが多いですが、中には年1回や毎月払いのものもあり、債権の利益はその利息を計算する場合と計算しないで利回りを出す場合があるのです。満期まで債権を持っておくことも可能ですが、その取引価格は日々変化しているので、途中で売ることも可能であり、買ったときよりも高値で売れば利益になります。

利回りは、その時々で発行する側の信用力や金利によって変化し、償還日前に売る場合には、利回りが低くなってしまうこともあります。また発行する側の財政状況で、元本やクーポンの支払いが延びる、減額になる、支払い不能となるなどのことも起こるのです。

一番わかりやすい例で、国が発行する国債はその国の財政が破綻すれば、それは紙切れとなり一文の価値も無くなってしまいます。債権は利息や元本などで、条件の良いものを買えば投資家にとっては資産を増やすことが出来ます。しかし、利回りなどが低下したり、発行側の財政状況によっては、大きな損失になったりすることもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ