クレジットリンク債は投資家が高い利回りを期待できるがリスクも大きい

クレジットリンク債は仕組債の一種で、購入することで高い利息を得るのが可能な方法です。その代わりに、別の債券に信用を結びつけるというため、投資家は発行体と債券の信用の両方のリスクを背負うことになり、ハイリスクハイリターンの商品です。

特別目的会社を経由して発行されるもので、スワップなどの仕組みを複数一度に取り入れるために、発行する側の債務状況や信用力などとスワップなどの両方のリスクを投資家は一手に引き受けることになるのです。

通常はデフォルトスワップを実行するには、買い手側に十分な信用力がないと販売してもらえませんが、この場合は、債券を購入するということで信用を提供するので、投資家の保証能力は問われずに購入することが可能となっています。

購入した投資家にとっては、契約で指定した会社に信用問題がなければ、償還日に満額で返還されます。しかし、信用問題が発生すれば、期日前に指定会社の債券で償還されるか、最悪の場合は、債券売却したときに受け取る金額と額面を相殺して精算することになります。

通常の債券は発行側の1社だけ問題なければ期限が来れば償還され、額面を受け取ることも出来ますが、クレジットリンク債はそれにクレジットを付けてもう1社も絡んでくることになります。そのためにリスクとしては2倍高くなり、その分利回りは高くなっているのです。残念ながら償還前の中途半端な時期で売却すると、損をする場合が大半です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ