グローバルボンドを外債ファンドに運用を任せる

グローバルボンドとは世界の2つ以上の市場で発行されている債券のことをいい、信頼性が高い場合が多くです。円貯金の金利よりも高く設定されているので、銀行貯金よりも増やしたいと思った場合などに投資するのが良いです。個人で運用するよりも、債券ファンドに任せた方が、ノウハウや投資先の選び方の相談なども出来ます。

債券はデフォルトなどで破綻しなければ、満期まで保有すれば元本は戻ってきて、その間までに安定的に利息収入も入ってきます。高いリターンを期待するなら、国内よりも国外の外貨建ての債権に投資するべきです。

ただし為替リスクがあるので、ヘッジ管理してくれるファンドを選ぶと危険を少なくでき、どのような外貨建債券でも、為替のリスクを除けば、比較的安定した運用が可能になります。ヘッジ管理にはコストが掛かり、金利が低ければ少ないコストでヘッジをかけることもできます。

ファンドの種類には、政府やその関連機関が発行するものや、格付けの高いもの、または高いリターンを期待できる新興国の債券に投資するタイプなど様々な種類があります。はじめての投資なら、高いリターンよりも安定した運用を目指して投資先を選んだ方が良いでしょう。

またそのファンドの過去の運用成績もある程度の目安となります。また資金に余裕をもっている場合には、一つに集中するよりも分散させて投資した方がはるかにリスク回避できる可能性が高くなり、分散させるのが基本です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ