国内公社債は信頼性がとても高い投資商品である

国内公社債は地方債や国債などの公共債と民間企業が発行する社債などのことを言い、これらに投資する場合は、株式で行うよりもリスクは低いです。国債は信頼性が高いのはもちろんですが、社債などもその銘柄選びを間違わず慎重に行えば、その安全性はかなり高くなります。

株式でも債券でも基本的に同じことですが、元本割れを引き起こさないようにするということを第一に考えて運用していきます。ただし社債ではその運用先の会社が事業悪化などで倒産してしまっては、元本割れの場合もあるので、リスクは低いですが絶対元本割れは無いとは言い切れません。

投資先としては安全性を高めるなら公共債の割合を高めて投資します。分散投資でリスク分散するのが基本なので、公共債と社債にまんべんなく投資しその割合は銘柄などで比重を決めていきます。リスクは低くなりますが、その分リターンも低いですが貯蓄での金利よりははるかに高い利率を得られます。

このようなスタイルで債券に投資する場合は、特に堅実に資産をゆっくりと増やしたい人におすすめです。投資先を選ぶ場合には、信用度の高いところばかりにするか、または新興企業などにも視野に入れリターンを高くするかということでもリスクとリターンは変化してきます。

ただし銘柄選びでそれなりにハイリスになることもあるので、絶対的に安全性が高いとは言えず、さらにリターンを高くするなら海外の債券などにも目を配ってみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ