国庫債券は国が財源を確保するときに発行する債券

国庫債券は国債とも言われ、国が公共事業を行ったり不足する歳入を補ったり様々な活動をする時に発行する債券です。国が発行して利子や元本の保証を行うので、全ての債券の中で最も安全性と信頼性が高いです。またこれは個人でも購入することが可能になっており、国債を買うと国に利子をつけてお金を貸したことになります。

満期まで保有していれば償還され元本が全額戻ってきます。利子付の債券である場合は、半年ごとに利息の支払いが行われるのです。また割引債という利子はありませんが、額面を下回る価格で販売され、償還時には額面全額が返済され、その差額を得るという債券もあり、このタイプは国内の商品には少なく、海外の債券に多くあります。

日本国内で発行される国債では、5年や10年満期のタイプのものがあります。これらのタイプは購入後1年間手放すことは出来ませんが、それ以降は途中で売却できるという特徴があるのです。

中途換金すると、直前の2回分かまたは4回分の利子相当額を引いた金額での返還となるために、早い時期で換金すると元本割れを引き起こすこともあります。
購入する場合には銀行や証券会社で購入が可能であり、毎年決まった時期に販売されるので、必要ならそれまでに金額を用意しておきましょう。

1万円単位でしか購入できないので、数千円などの中途半端な額では買えません。また銀行などが販売していますが、貯金とは違いペイオフ制度はないので、仮に国がデフォルトで元本の支払いが困難になった場合は、全額損失になる可能性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ