サムライ債は円建てで日本で発行される債券

サムライ債はサムライボンドといった名称でも呼ばれることがあり、海外の証券業者などが日本国内市場を対象にして円建てで発行している債券のことです。日本を連想させる言葉としてこのような名称がついています。

世界中の投資機関などにとっては、日本は数少ない短期間で巨額資金を確保できる市場であり、低金利であることも魅力の一つとなっているのです。
サムライ債を発行しているところとしては、外国の政府機関や民間企業、さらには国際機関などもあり、流通量は莫大です。

サブライム問題などの世界的に金融恐慌になると、発行額は多くなり、信用性の高さなどから資産確保や資産の避難先として利用する場合も多いです。発行元は海外ですが、債券は日本国内で流通するために、その法律は日本のものに則って行われます。

債券の種類としては、利子も元本共に円建てのものや利子または償還金が外貨建てのものがあります。通常の外国債券などに投資するときに比べると、為替のリスクがなく、国内の同等格付けの債券と比べると利率が高いという特徴があります。

ただし発行元は海外なので、信用情報や財務状況などの投資する上で銘柄を決める判断材料が入手しにくいというリスクはあります。格付け機関ではこれらの債券の格付けも発表されているので、事前に確認しておくといったことは必要です。

デフォルトの危険はないとは言えず、海外の証券機関の経営状況によってはそうなることも考えられ、過去に何社かデフォルトになった事例もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ