サムライボンドは為替変動のリスクがない債券

サムライボンドは海外の国際機関や民間企業が日本で発行する円建ての債券のことで。日本が作った債券ということから、日本をイメージしやすいサムライという名称が付けられています。この債券は利子と償還金は円で支払われるものがほとんどです。しかし、中にはどちらかが外貨建てで支払われる種類のものもあります。

サムライボンドは円建てで利子や償還金を受け取れば、外国債券と違い為替変動の影響を受けません。為替のリスク無く海外から発行される債券を購入することが出来、海外の企業や政府機関などに投資が可能です。

また発行する側にとっても、日本の市場は、流通量が多く、短期間に多くの資金を集められる数少ない魅力的な市場となっています。日本国債に比べるとその信用力は不透明な部分もあり、海外の発行体なので信用力の情報を得るには不十分な場合もあるでしょう。

情報は入手しにくいですが、格付け機関などではその格付け情報を公開している場合もあります。発行する側の財政状況などが悪化したり、最悪破綻したりした場合には、元金が支払われず損失が大きくなることもあり、その点は注意が必要です。

サムライボンドはそれほど多くは発行されていませんが、いままでに何種類か発行されたことはあります。個人でも購入でき、購入する場合は日本の証券会社などを通じて購入することになります。利率は国債などに比べると高めになっているので、それも一つの魅力と言えるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ