ジャンクボンドに投資する際のリスクと注意点

ジャンクボンドとは高い利回りの債券のことであり、発行側の信用力が低いので、その分デフォルトなどの危険性が高く、それに伴い利率が高く設定されています。日本国債など十分信頼性の高い債券がある中で、これらは信用力が低いので、利率を高くしないと投資家に買ってもらうことが出来ないのです。

投資する際はいくつかの銘柄に分散投資してリスクを減らすというような方法も行われています。日本国内でも海外から円建てでのこのような商品は発行されています。
ジャンクボンドに投資する場合には、まずはレポートや運用報告書で、投資先の銘柄の格付けなどを確認しましょう。

特にファンドを通すなら格付けが低くなっているものがないかなどを調べて、場合によっては今後の運用方針を変えることも考えるべきです。金利が上昇すれば債券価格は下がり、金利が上がれば価格は上がるので、市場の金利動向には注意が必要です。外国債券の場合には為替の影響も受けます。

発行側の財務状況などで信用力は変わってくるのですが、景気や経済状況などでも変化します。債券価格の値動きは株価に近いものがあり、景気が後退していれば信用力が下がり債券価格も下がります。

ポートフォリオを考える場合には、株式に近い考え方で戦略を立てていったほうがいいでしょう。金利が低い商品が多いのでジャンクボンドはとても人気がありますが、高いリターンが期待できる反面、リスクも非常に高く、元金を失って損失が膨大になる可能性も十分にあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ