順デュアル債は円建てと外貨建ての両方の性質を持つ

デュアル債は利払いや償還などが2種類の通貨で行われる債券をいい、そのうち払い込みや利息の支払いが円で、償還が円以外の外貨で行われる外国の債券のことを順デュアル債といいます。これは、利息の受け取り時には為替のリスクはなく定期的に利息を受け取れますが、償還金を受け取る場合には為替リスクが発生します。

逆デュアル債は、悪く言えば償還時の為替リスクの部分を投資家が背負う仕組みであり、レートが円高に進めば投資家は損をして、逆に円安に進めば利益が出る可能性があります。また金利は円になるので市場金利の動向では利率も変わり、円が低金利であれば受け取れる利息も少なくなるのです。

流動性は比較的少なく、購入者が中途売却を希望しても買い手が付かない可能性もでるリスクはあるのです。外国債券は国債などを除けば比較的安定した商品であり、日本市場での債券や株式とは違う値動きをします。

分散投資すればリスクを減らすことが出来、償還金受け取り時にはリスクはありますが、逆に考えれば差益を受け取ることも期待できるのです。利息受け取り時には、為替手数料が必要になり、途中で売却すれば、元本割れを起こす危険性もあることは考慮しておかねばなりません。

発行元が外国なので、信頼性や経営状況などを把握しにくいということもあり、購入する前には、格付け会社などで信頼性のチェック、目論見書などで信用度を調べておくことをしておいた方がいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ