新発債は市場で新しく発行される債券のこと

新発債は新しく市場で発行される債券のことであり、公共機関や銀行や民間企業が投資家から資金を集めるときに発行します。その債券は市場で売買され、発行側は投資家からお金を借りているという立場にあるので、利息を支払わなければなりません。

その利息は通常であれば半年ごと年に2回支払われるのです。これに対し、すでに市場に出回っている債券は既発債と言われます。日本国内では円建てと外貨建ての債権があり、償還日までの期間が長ければ長いほど利息は高くなるのが普通です。

また危険性は外貨建ての債権の方が高くなりますが、その分利率も高くなりより多くの利回りを期待できます。しかし、外貨建ての場合には、受け取る収益は円になるので外貨から円に交換しないといけないので、為替の影響を受け、そのため思ったよりも収益が落ちてしまうときもあるのです。

発行された債券は償還日まで保有しておくことも可能ですが、途中で売却することも出来ます。価格は市場で常に変動しており、購入時よりの金額よりも高くなれば、そこで売却すると売却益を得ることもできるのです。

利率が低くて思ったよりも利息収入が見込めないなどの場合には、短期保有で債券価格の変動をみて、利益の出そうなときに売るという方法もあります。また発行側がデフォルトなどで債務不能になると、保有している債券も価値が無くなり元本の支払いも行われなくなります。それを避けるために発行元の信頼性などを見てどの新発債に投資するかを決めるのも重要なことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ