ソブリン債は各国の政府やその機関で発行された債券

ソブリン債は各国の政府やその機関で発行された債券のことをいい、国債や政府保証債がそれにあたります。世界銀行などの国際機関で発行されたものでも同じように扱われます。

一般的には安全性の高いものとなっていますが、日本やアメリカが発行するもの意外にも、新興国などが発行する債券も含まれるために、リスクが高くなる場合もあるのです。日本で発行されているものに関しては、先進国の債券に限られている場合がほとんどです。

代表的な商品としては「グローバルソブリンオープン」という商品があります。信頼性が高いので利息は低くなりますが、その分満期までデフォルトしない可能性が高く、確実な投資商品といえるのです。ただし高い利息などを希望するなら、新興国の債券に投資する方法も一つの手ですが、やはり信頼性が低くなりデフォルトなどの危険性は高いです。

またその国で発行される債券の格付けはソブリン債が最高基準であり、その国の企業などが発行する債券の格付けは、それ以上にならないようになっています。ソブリンファンドというこの債券専門に投資するファンドもあり、特に先進国を中心にして投資している場合が多いです。

個人で投資するなら上記のようなファンドを通すという方法もありますが、手数料が高い割には、基準価格を下回る運用を行っていることが多いです。さらには不利なレートを使っていることも多く、人気があるので新規投資家のお金に支えられている場合も多いので、そのファンドの特徴を良く見極めた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ