大名債は海外から発行される円建ての債券のこと

大名債は、発行元が海外であり、日本国内で流通し円建てで発行される債券のことを言います。発行元には国際機関や海外の政府機関などがあり、海外の決済機関で決済でき、日本国内の市場とユーロ市場で流通させることを目的として発行されたのでした。

円建て外債のサムライ債などと同じような種類の債券であり、円建てなので、購入金や利子や償還金の支払いなどは全て円で行われるので、為替のリスクはないです。発行元は投資家から受け取ったこの円を、自国の通貨に変えて使用することになります。

利子の支払いなども同じように自国通貨を円に換えてから投資家に支払うことになるでしょう。このような債券は他の外国債券に比べると利回りが低い商品が多いために、利回りを優先させるなら、他の利率などの高い債券に投資するべきです。

また流通量が少なければ満期前に売却しようとしても手放せないときがあるので、なかなか買い手が見つからなかったりして売るのに時間が掛かることもあり、希望価格で売れないなどのこともあり、途中売価には注意が必要です。

円建てなのに海外で発行されているという、一見すれば難しいような商品に見えるために、国内証券会社では投資家に説明が不足したまま販売されることもあります。手数料が非常に高く設定されているために、証券会社にとってはあまりリスクのない商品であり、その分を顧客に背負わせる形になっているの場合もあり、十分その商品の性質を調べてから購入するべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ