ダイミョーボンドは低金利の円で資金調達が出来る

ダイミョーボンドは大名債とも言われ、発行元が海外であり、日本国内で円建てにて発行される債券のことをいいます。決済から利払いなどは全て円で行われるので、投資家に取っては為替変動のリスクがありません。

サムライボンドと同じようなものであり、決済はユーロクリアなどユーロ市場を通して行われ、日本国内とユーロ市場での流通を目的として発行されています。発行元は日本が加盟している国際機関や海外の政府であり、低金利の円によって資金が確保できるので、発行側にとってもメリットがあり、積極的に発行する場合が多いです。

似たような債券にその他にも外貨建てのショーグン債や、利息は円で償還金は外貨で支払われるデュアル債、その反対になっているリバースデュアル債などがあります。発行元が国際機関などであるので、デフォルトなどの危険性が極めて低く信頼性が高いです。

流通性の低い商品の場合には、途中で売却したいと思っても買い手が付かず、希望価格で売れないということもあるので、注意が必要です。日本国内で発行される債券に比べると、その利率は高く、為替変動のリスクもなく、発行額が多く、投資対象の商品が比較的多いです。

利子収入に関して一部は総合課税の対象となっていますが、ほとんどの場合は発行元の国での課税は行われず、日本国内での分離課税となります。償還金の利益に関しては、他の債券と同じように雑所得として総合課税の対象となり、途中で売却したときの利益は基本的には非課税となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ