他社株交換社債は株式で償還される場合もある

他社株交換社債は通常の債券と違い、決められた企業の株価の動きで償還方法が変わる債券です。通常の債券は必ず現金で償還されますが、これは対象の株価などが一定の水準を下回れば、株式で償還される場合もあり、受け取れる株数は決まっているので、元本割れのリスクもあります。

株式で償還されるので、そのリスクはありますが、利率が大変高く設定されているのが大きな魅力です。また価格変動が大きな銘柄であればあるほど、そのリスクも大きくなりますが、同時に利率も高くなるという傾向があります。

ただし投資する場合には、流動性はほとんどなく、中途解約はまず出来ないと思った方が良く、株価の変動によっては満期前に償還を迎えてしまうような条件が付いている場合もあり、その他の細かい条件についても良く調べた方が良いです。

具体的な条件としては、いつ償還されるのか、債券の利率はいくらになるのか、発行時の債券価格はいくらか、金銭および株式で返還される場合はそれぞれいくらになるのかということを把握しなければなりません。

さらには株式で償還される場合の条件はどのようになっているのか、発行会社はどのようなところであり、財務状況はどうなのかを見なければならないでしょう。

財務状況によっては利息などの支払いなども滞る危険性もありますので、利率だけが高いという理由でこの商品に投資するような場合は、思わぬ損失を出すことになる場合もあり、様々な条件を良く把握しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ