他社株転換債は株式に転換出来るけどリスクが高い

他社株転換債は、社債を発行している企業の株式に転換することが可能になっている債券であり、投資家にその権利はあります。この債券を購入後に、その発行元の企業の株価が上昇すれば、予め購入時に決められた価格で買った社債を株式に変えることで、投資家はその株価の差額の利益を得ることが出来るのです。

これだけならまだ株式の価格状況を見て転換するかどうか決めればいいですが、他社株転換債はさらに、発行元の企業の株価が下がったときには、予め決められた株価で株式に変えられてしまうために、投資家は損失を出すことになります。また不利な高い株価であっても投資家は購入しなければならず、そのために損失も出しやすいです。

この債券を購入するには2つの条件が釣り合うかどうかの判断が必要であり、おおよそにして利率は高く設定されている場合が多いです。ノックインしたときの元本割れと株式の売却、それに伴う高く設定された利率、これらが釣り合い将来的に利益を出すものか長期的な判断で見極めなければなりません。

株式価格が下落すれば、それはすなわち投資家にとっての損失を意味するものであり、日本の企業の株式なので下落はしないだろう、リーマンショックのような事態は度々起こるはずがない、などのように憶測だけでこの債券を購入すると、大きな損失を出すことにもなります。

実際に他社株転換債は、投資家の間で損失が大きくなったので苦情が続出したという経緯もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ