他社株転換条項付債券は条件付で株価に転換出来る

他社株転換条項付債券は、ある一定の条件では株式に転換される債券であり、高い利回りは期待できますが、発行元の企業の株価が一定水準を下回ると、投資資金の全額は株式として強制的に途中償還されてしまいます。

途中償還される場合の株価は、債券購入時に決められた価格であり、そのために投資額を大幅の下回る価格で償還され、多大な損失を出すことになるのです。
これは仕組み債なので、利率は高く設定されている場合が多く利回りは良いですが、株式変動によってリスクも高くなります。

また株価が上昇した場合についてですが、その時には残念ながら株式として売ることは出来ず、そのような場合は高い利回りだけを得ることになるのです。1社の株式の価格変動が対象となっている場合もありますが、複数社を対象とした商品も存在します。また流動性は極めて低いので、途中売却したいときには、買い手が見つからないこともあります。

この商品を購入するなら、色々なことを検討し、将来的な見通しを判断せねばならず、仕組みやリスクを把握していないと大変危険です。数年後に株式で償還されるかもしれないということを軽く考えていると、金利の高さばかりに目が奪われて、リスクがどれだけあるかが理解できなくなります。

株価が大幅に下がってしまった場合には、その差額はそのまま投資家にとっての損失となるのです。投資家は債券を買う権利があると同時に、株式として強制的に売られてしまう権利も持っているということなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ