着地取引とは何か、現在も行われているのか

着地取引とは、証券投資用語の一つで、債券の取引方法です。債券の売買で、将来の一定の時期に取引をするという条件で、今現在の債券の相場価格で売買の約定することです。その一定の時期とは、約定した日から1カ月以上6カ月未満となっており、その間に受け渡しをすることです。

先に売買をして受け渡しが先なのは、先物取引と考えて良いでしょう。
通常、債券の受け渡し期間は当事者同士が同意していれば自由となっています。しかし、着地取引は約定日から受け渡しまでの期間が1カ月以上になるものが当てはまります。また、着地取引ができる相手というものも決まっています。

例えば上場企業またはこれに準ずる法人といった、経済的、社会的に信用があるものです。これは、1979年頃から始まり、1976年~1978年頃に盛んに行われていました。しかし、金融引き締めによって1979年頃から急に縮小され、現在ではかなり少なくなっています。

その理由として、債券の先物取引市場が整備されたのと、リスクヘッジが簡単に行えるようになったためだと考えられています。リスクヘッジとは、投資のリスク(リターンが不確実であること)を少なくするために行動を起こすことです。

例えば、これをすることでリスクが生じるとなった時に逆のリスクを持つことをする、ということです。債券や株式、為替などでよく行われている方法です。
リスクヘッジには他にも方法がありますが、どの方法を行うかによって、投資の成功、失敗の明暗を分けるといっても良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ