デュアルカレンシー債の特徴と注意すること

デュアルカレンシー債というのは、二重通貨建て債とも言われています。これは、利払いと償還が異なる通貨で行われるものです。もう少し詳しくいうと、元本の払い込みと利払いが同じ通貨で行われ、償還が違う通過で行われるものです。

また、元本の払い込みと償還が同じ通貨で、利払いの支払いが違う通貨で行われるものもあります。これは、リバース・デュアルカレンシー債(逆二重通貨建て債)となります。この債券で注意することは、日本円建てで支払われる分に関しては為替の変動の影響はありません。

しかし、外貨で支払われる分は為替の変動の影響を受けるので注意してください。為替レートによっては、得したり損したりする場合があります。デュアルカレンシー債の中には、特約付きというものや、バルーンタイプというものがあります。

特約付きというのは、一定の期間の為替水準があらかじめ決められた水準よりも円高にならなかった場合に円建てで返済されるしくみです。また、バルーンタイプは、通常の債券よりもクーポンを低くしますが、その代わりに返済の時に受け取る外貨を発行した時よりも円高に設定したものを言います。

どの債券も、購入する際にはそれぞれの特徴を知り、よく考えて行うようにしましょう。為替は日々変動するものです。それを頭に入れておき、大きな損失を招かないように注意するべきです。この債券においては、一般投資家向けに販売されているものについては元本部分が為替リスクを負うことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ