注目を集めているディムサム・ボンドとは何か

最近、ディムサム・ボンドという債券が注目されています。点心債とも言い、主に香港で発行され、流通している人民元建ての債券です。ディムサムというのは、点心を広東語で読んだものになります。どうしてディムサム・ボンドと言われるのかですが、点心は、ご存じのように量が少ないけれどもおいしいものです。

この債券は、人民元の価格が上がると見込んで購入したいという投資家が多かったのですが、それに比べて発行数が少なかったのです。それで、少なくてもおいしい点心と同じ債券だと言われたのでこのような名前がついたと言われています。

この債券は、発行できる企業が決められていました。起債が許可されていたのは、中国系の銀行に限られていました。しかし、最近になって外資系の企業にも発行が許可されたのです。一番はアメリカの企業でした。日本の企業でも発行されています。

今後ですが、中国政府は中国企業がディムサム・ボンドを発行することを積極的に後押ししているため、ますます発行が盛んになるだろうと考えられています。中国の内陸部の企業にとっては、本土よりも低いコストで資金調達ができる点心債は、とても魅力があるものです。

低コストというのは企業にとって一番良いことですから、これからはもっと増えてくるのではないかと予想されます。点心債は最初から注目されていたものですが、今後ますます目が離せないものとなるでしょう。これからの動きに注目したいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ