特殊債を発行するところとその内容について

特殊債というのは、公団や公庫、事業団や特殊会社が発行している債券と、ある特定の金融機関が、長期信用銀行法などといった特別な法律で発行している債券との総称を言います。公団や公庫が出しているのは政府関係機関債、特定の金融機関が出しているのは金融債といいます。

現在は、公団は存在していませんので、すべてが独立行政法人となり、特殊会社になりました。特殊債は、政府保証がついていません。また、利回りについては地方債とほぼ同じくらいと理解しておきましょう。

特殊会社が発行する政府関係機関債は、民間の金融市場にて政府保証がない公募債券の財投機関債を発行しなければなりません。これは、2001年から始まりました。
普段、あまり耳にすることがない言葉ですが、どんなところが発行していて、どれくらいの利回りか、くらいは知っておくようにしたいものです。

いろいろな用語があって、なじみがないと理解しにくいものですが、この言葉については、比較的わかりやすいと言えます。公庫や特殊会社が発行する債券、と覚えておけば、すぐに特殊債は理解できます。あまり詳しく理解しようとすると難しいので、これはこういったもの、という程度から始めると覚えやすいです。

投資をしない人からすれば、わかりにくい言葉ですが、債券投資をしている人はぜひ理解しておきたいものです。このような専門用語は、インターネットでもまとめられているサイトがあるので、これらを参考にすると良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ