特定財源債が発行されるしくみと利点とはどんなところか

特定財源債とは、道路や空港、港湾、上下水道といった公共事業の資金を集めるために発行されるアメリカの地方債です。これらの事業で得た収益が、償還の財源となります。これは、公共事業のために民間から資金を調達することで自治体などの財政の負担が軽くなるメリットがあります。

償還の財源が、事業の成功、失敗で大きく変わります。公共事業が成功するか失敗するかで償還されるか、されないかが決まるわけですから、投資家からすれば気が気ではありません。

償還が収益で賄われるのに、不安はないのか疑問に感じます。もし、この債券が債務不履行となってしまった場合、そのリスクは投資家が全て負うことになります。こうなっては困るということで、投資家はその事業に対しての評価を厳しくします。これがかえって良い結果を生みだしているのではと考えられます。

また、利子の免税措置を行ったり、保証会社をつけたりと投資家や発行体が魅力と感じるように考慮されています。通常ならば、収益で左右されるような債券は避けられるものなのですが、アメリカでは特定財源債は一定の地位を確保しているのです。

日本では、以前は発行されていませんでしたが、一部の地方自治体で発行されるようになっています。日本ではまだまだ定着していませんが、後にこの債券の地位が確保されるようになるかもしれません。不安定なようですが、投資家が自治体に対して厳しい評価をすればきちんとしたインフラ整備がされるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ