途中償還とは何か。この特徴と内容を詳しく

債券用語で、償還という言葉があります。これは、満期の時に額面全額が戻ってくることです。利息が付いたものなら、その分も入るので収益を得ることが可能です。
満期で一括して戻るもののほかに、途中償還や繰上償還があります。

国債や地方債は、一括のものがほとんどなのですが、一般社債には途中や繰上げといった方法を取り入れているところがあるのです。途中償還とは発行者が満期日前に定期的に一部を返却するものを指し、繰上償還は発行者が任意で満期前に一部または全額を償還するものを指します。

あらかじめ途中の償還日を決めてあるものや、抽選で決められたりすることがあるのです。購入者からすれば、満期まで保有しておきたいものですが、発行者はそうしていると満期日に多額の資金が必要です。途中に何度か返却することで、一度で支払いをするという負担を軽くしようと考えているのです。

その時点で「資金難で払えない」ということになれば困りますが、少しずつ返却されていれば、全く返却されないという事態は避けられるでしょう。もし、満期日までに全額償還された場合は、それから後の期日分の利息はつきません。しかし、元本はすべて戻りますので、損失ということはありません。

これが株式と違うところと言えます。ただし、購入者からの申し出で満期日前に売却した場合は、その時の金利の情勢によって上下しますから、その時は購入価格を下回る可能性があるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ