パリティ価格とはどんなものなのかわかりやすく

転換社債(CB)を持っていて、それを株式に換えた時の価値のことをパリティ価格といいます。CBの理論価格ともいいます。パリティ価格は、決まった公式で算出することができます。株価÷転換価格×100です。例えばですが、株価が1500円、転換価格が1200円だったとします。

そうすると1500÷1200×100=125円です。この時、CBが150円だったとすると、CBは高い値段がついていると考えられます。もし株価と転換価格が同じだった場合、パリティ価格は100円です。100円を上回っていたら株価の方が強く、下回っていたら社債の方が強いと言えます。

もし、手持ちにCBがあったら、そのまま売却してしまうか、それとも株式に換えてして売却するか、を考えるときに、この値段が参考になります。CBの時価の方が高い場合は、社債のまま、CBの時価の方が安い場合は株式にして売却した方が良いです。

もし、株式に換えるなら、経過利息が受け取れないので、注意してください。
株式へ転換するのも、ただ単に手続きするだけでは良くありません。このように決まった方法で数字を出し、それに基づいて考えなければいけないのです。

適当に社債を買って、もういらないから株式にする、というのではなく、きちんと順序立てて考え、どうするかを決定していかなければいけません。専門用語は難しいですが、わからない時はその都度調べるようにして、理解するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ