債券用語にあるフローターを購入する時のポイント

フローターは、フローティング・レート債、またはフローティング・レート・ノートの略です。変動利付債というもので、利払いの利率が金利動向によって変動する債券のことです。フローティング債とも言われます。

確定利付債は、発行時に決められた利率は償還日まで変わらずですが、フローターは市場での動きのある利率に合わせて見直されていくものです。利率の見直しは、利払いをする前の金利の水準を参考にして決めます。

この債券は、海外ではユーロ市場でたくさん発行されています。日本ではどうなのかというと、2000年と2003年に発行されています。2000年の分は、1期間15年で変動利付債が、2003年は期間10年の個人向け国債が発行されました。これを購入する時のポイントですが、変動金利型なので金利の動向を見極めることが大切です。

一般的な確定利付債の場合、その時その時の金利を反映させることはできません。しかし、これは、金利が上がり、そこで見直しがあったとすると利率は上がって行くのが大きな特徴です。これは魅力的だと言えるでしょう。この債券を購入する時には、金利の動向をしっかりチェックすることが大切です。

投資目的で金融商品を買っても、そのまま放置している人が結構いますが、こういった変動利付債の場合は常に気を配っておきましょう。買ったことも忘れてしまうような人がいますが、これではいけません。利率が上がっていくのを見るのは、この場合わくわくするのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ