米国債の特徴を知って安心できる資産運用をしよう

米国債とはその名の通り、アメリカ合衆国が発行する公債のことで、呼び方としては、米国財務証券やトレジャリーというものもあります。公債ということから、アメリカに対する信頼と信用度が基準になっていて、世界でも最大の発行高・売上高を持っており、高い人気があるのです。

米国債が持つ特徴に、信用力と流動性、そして利回りの高さがあります。これらは資産運用の観点からとても魅力的なものです。アメリカ政府が支払いの保証をしてくれる点は、世界的に見ても高い信用があります。

もちろん景気の影響によって価値が下がることはあるものの、それでも世界の中心と言えるくらいの影響力があるため、何かあったときも安心できるというイメージが強いのです。また信用度の高さから長期間の資産運用にも適しており、また売買がしやすく短期運用にも適している一面を持っています。

利回り自体は極端に高いわけではないのですが、日本国債と比べると高いのも人気の理由です。米国債は、安心ができて低リスクで運用ができるので、入門用として人気です。状況が変化したとしても安心できるということは、評価に対しても大きな影響力を持つことになります。

仮に何か問題が起きたときは世界規模での惨状が予想されますが、そのため対策も数多く用意されていることも信頼できる理由でしょう。しかし大国だからこそのメリットはありますが、他国の公債が悪いというわけではありません。全体的に見てどこがベストなのかを見極めることが、利益を出すために求められるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ