マルチコーラブルボンドを利用するときに注意しておきたいこと

マルチコーラブルボンドとは、複数回の期限前償還が設定されている仕組債のことです。最初に定められた期間よりも前に償還されるということは、投資家にとって計画が狂う要因になります。さらには自分から解約を申し出られないため、長期に定められている場合は資金を他に使用できない枠となってしまうのです。

そのことだけを見るとマイナス要素が大きいのですが、それに変わるメリットもあります。それは通常の債権よりも利率が高くなっていることです。これは発行体がコーラブル・スワップを売却することによって、同期間の多債券よりも高い利子を支払えるため実現されています。

金利自体は高く設定されているため、定期預金と比較しても資産運用としてマルチコーラブルボンドは優れています。それに対するデメリットとなる部分もあるものの、最初から目的を決めて運用するなら大きな問題にはなりません。

また償還によって予定よりも早く解約した場合も、元本割れの心配がないという安心感があるでしょう。他の部分で資金が必要になったときは、自分から解約ができないため、そこだけは注意が必要です。

基本的に自分から途中で解約することはできませんが、何ごとにも例外はあります。ただしそこで解約した場合は、元本割れする可能性が極めて高くなっています。どんなものにもメリットとデメリットがあります。そこをしっかりと見極めることが、マルチコーラブルボンドをはじめとした資産運用に求められているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ