満期償還の仕組みと気をつけなければならないこと

満期償還とは債券の償還方法のひとつで、あらかじめ定められた期間が終了することによって、資金が返されることを指します。投資をする場合は、債券を購入して償還期限の間は定期的に利息を受け取れ、最終的に額面満額が返ってくるという仕組みです。

もちろん発行者に何らかの問題が発生した場合はその限りではありませんが、この点が約束されているので、高い安全性が保証されています。実際にその投資先が信用できるのかどうかは、長期格付けを参考にすることが可能ですが、絶対というわけではないので気をつける必要があります。

満期償還されることによって、その債券は消滅します。続けて同じ投資先を利用する場合は、新しく発行されているものを購入する必要があるのです。償還期限よりも前に売却可能ですが、そのときの売却価格は金利情勢や需要と供給のバランスによって変わってきます。

マイナスになってしまうこともありますが、格付けの変更や投資先に問題が起きた場合は、事前に売却することによって、より大きなマイナスの回避にもつながるのです。
最後まで所有していれば利益は約束されますが、予測ができないのも投資の特徴なので、どこで切り替えるのかは考えていく必要があります。

債権の種類によっては途中解約ができない場合もあり、必ずしも満期償還が実現しないケースもあるでしょう。どれだけ安心できると言われていても、何が起きるか分からない一面を持っているため、投資の世界は注意深さが求められるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ