無担保債は発行体の信用が第一の債券なのです

無担保債とは、担保の設定が行われていない社債のことです。債券は満期になったら償還されるものですが、そのことを保証するために担保をつける場合があります。そういったものを担保付社債と呼び、それ以外はすべてこの名前で呼ばれています。なお現在の社債は、基本的にこの形が主流です。

元利金支払いの確実さは発行体の信用にかかっているため、どこに投資をするのかしっかりと考える必要があります。いくら安心できるといっても、発行体に何か問題が起きてしまった場合は、償還されずに大きな損失になってしまうことがあります。

そこに大きなリスクを感じてしまう投資家にとって、保証となる担保は分かりやすい基準です。しかし、その担保がないということは、発行体もそれ以外の部分で信用を勝ち取る必要があるのです。

発行体側としては、負担を減らせるというメリットがあるのですが、投資家に対してある程度のリスクを感じさせるものになるため、このことは避けられません。基本的に無担保債は、国債、地方債、金融債が当てはまります。

しかし、それ以外にも一般事業債として発行されるケースがあります。ただし、財務上一定の発行基準を満たす会社に限り可能とされているので、発行したいと思ったからすぐにできるというわけではありません。ここで注意して起きたいこととして、万が一無担保債が債務不履行になった場合ですが、このときは額面金額や利払いは保証されなくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ