無担保社債のリスクとその対処方法について

無担保社債とは、物的・人的な担保のない社債のことです。償還に対しての担保が一切ないということは、それだけでリスクとなり得ます。しかし現在発行されている多くは、この形式を取っているのです。何も保証されないということは、実際に投資をする側からすれば大きなマイナス要素なので、通常の債券と比べても利率が高めになっています。

これによりリスクはあるが、ある程度のリターンが望めるようになるのです。個人の投資先としては手が出しにくい印象を受ける無担保社債ですが、中堅企業が発行する場合は銀行が引き受けるケースが多々あります。

大企業ならともかく中規模の企業ともなると、どれだけ信用があるのかという問題もありますが、銀行が引き受けたという事実が信用となるのです。これによって、信用があるのかどうか分からないため誰も買わないという状況を回避できます。

どんなにその企業が良くても、何も情報がない状態とある状態とでは、受ける印象はまったく異なるのです。無担保社債の中には、親会社が子会社の債券発行に際して保証をつけることで格付けを向上しているものもあります。

実際に発行する企業自体は保証をするわけではありませんが、結果的には何らかの保証がつくことによって、買い手が付かないことを防げるわけです。信用のあるところが発行をするか、そうではない場合にも何らかの後押しがされているため、投資対象になり得る仕組みができあがっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ